MacBook Pro 13″ Early 2015 SSD換装できました!

スポンサーリンク
《覚書》

こんにちは!momo(@illgosimply)です!

以前、MacBook Pro 13インチ Early2015のSSDを換装でなく外付け化した記事を書きました。
どうやっても、SSDを中にさして使うことができなくて、外付けで落ち着きましたが・・・

SSDはSamsung 970 EVO plus 1TBです。

MacBook Pro 13" Early 2015 SSD交換しようとしました〜下準備〜
こんにちは!momo(@illgosimply)です!追記 2019/11/4 ファームウェアで中に挿せます!MacBook Pro 13" Early 2015のSSD容量が厳しくな
【備忘録】MacBook Pro 13" Early 2015 SSD外付けしました!
こんにちは!momo(@illgosimply)です!追記 2019/11/4 ファームウェアで中に挿せます!SSD交換する…と書きましたがこちらの記事で、交換すると書きましたが

やはり外付けでなく、中にしたほうが楽なので…
月1くらい、情報収集はしてました。

SamsungのファームウェアをインストールすればOK

この記事を見つけたのです!!!!!!ついに!!!

MacBook Pro 2015年モデルを最新NVMe SSDで延命、改造手順を全紹介! Samsung SSD 970 EVO PlusでMacのストレージを大容量・高速化 text by 坂本はじめ
 Apple製品は独自規格のパーツを積極的に使用しており、市販のPCパーツでアップグレードが難しいことが知られているが、2015年以前のMacBook ProであればSSDを最新のNVMe SSDにアップグレードできる場合がある。

SamsungのHPからファームウェアをダウンロードしてインストールすると、アダプタ介して外付け卒業できました!!

半年くらい使っているSSDへファームウェアをインストール

MacBook Pro 2015年モデルを最新NVMe SSDで延命、改造手順を全紹介! Samsung SSD 970 EVO PlusでMacのストレージを大容量・高速化 text by 坂本はじめ
 Apple製品は独自規格のパーツを積極的に使用しており、市販のPCパーツでアップグレードが難しいことが知られているが、2015年以前のMacBook ProであればSSDを最新のNVMe SSDにアップグレードできる場合がある。

↑こちらのサイトにやり方が載ってありますが、私の流れで違うところは
実際使っているSSDでファームウェアをインストールしたところです。

やるときはバックアップを取ってからのほうが安心かと思います。

実際やってみた

やり方はこちらのサイトに画像とともに紹介されていてわかりやすいです。

MacBook Pro 2015年モデルを最新NVMe SSDで延命、改造手順を全紹介! Samsung SSD 970 EVO PlusでMacのストレージを大容量・高速化 text by 坂本はじめ
 Apple製品は独自規格のパーツを積極的に使用しており、市販のPCパーツでアップグレードが難しいことが知られているが、2015年以前のMacBook ProであればSSDを最新のNVMe SSDにアップグレードできる場合がある。

うちのはあっさりできてしまったため何も撮れずに完了してしまったw
備忘録として残しておきます(メモ書きレベル・・・)
1. ターミナルを使ってUSBにファームウェアを入れておく
2. 外付けのSSDをMacBook Pro本体にアダプタ介してさす(また分解です…w)
3. ⌥オプションキー押しながら電源を入れる
4. SSDとUSBが表示され、USBを選ぶ
5. キーを押して進み、「Y」(YES)を何度か押す
6. インストールが無事終わったら、再起動
(ここで一度カーネルパニックが起き、心底ビビる・・・!)
7. 立ち上がったあと、リンゴマーク→このMacについて→システムレポート…を開く
8. NVMExpress→SSDのリビションがファームウェアのバージョンになっていることを確認!

ファームウェアしてから今の所問題なく使えています!
やったよ!外付けからの卒業!!

必要なもの

SSD。Samsung 970 EVO Plusはファームウェア必須。

やっぱりアダプタは必要。

ファームウェアを入れるUSBメモリ。(CD/DVDでも可能)

分解用に必要です。

終わりに

ようやく外付けから卒業できて、身軽になった気分です!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました